レーシックドライアイはしばらくすれば治るもの

レーシック手術を受けると、術後一時的にドライアイになるのはよくあること。実際に角膜を切断しているので、その影響が出るんですね。これもほとんどの人はならずに済むようですが、レーシックドライアイを1~2週間は強く感じる人もまれにいるようです。傷が治ってくれば涙の機能も自然に元に戻っていきますが、それまでの間は目薬などで補うことが必要なようです。時々、フラップ作成の際に角膜の神経を切ってしまって、長期的なレーシックドライアイに悩まされる人もいるようです。勿論その際もちゃんと神経は徐々に修復されていって、ドライアイを感じないようにはなっていくのですが、この場合は3ヶ月~半年ほど、時間がかかるようです。治るとはいえ眼科医選びは慎重に行いたいですよね。


タルトチェリーとは?

冷え性 サプリメントとは?

腕時計 買取

「ロレックス サブマリーナ」の買取相場を教えてください。

人気の『シャネル』クロマティックの買取価格は?