レーシックドライアイはしばらくすれば治るもの

レーシック手術を受けると、術後一時的にドライアイになるのはよくあること。実際に角膜を切断しているので、その影響が出るんですね。これもほとんどの人はならずに済むようですが、レーシックドライアイを1~2週間は強く感じる人もまれにいるようです。傷が治ってくれば涙の機能も自然に元に戻っていきますが、それまでの間は目薬などで補うことが必要なようです。時々、フラップ作成の際に角膜の神経を切ってしまって、長期的なレーシックドライアイに悩まされる人もいるようです。勿論その際もちゃんと神経は徐々に修復されていって、ドライアイを感じないようにはなっていくのですが、この場合は3ヶ月~半年ほど、時間がかかるようです。治るとはいえ眼科医選びは慎重に行いたいですよね。


ゴルフ用品を質屋まで持っていくのは大変という方は、大阪府内なら自宅まで伺い、買取らせて頂きます。

美容整形 東京

サンライズクルセイド

東広島市 賃貸 売買

中古機械の価格を比較!