レーシックドライアイはしばらくすれば治るもの

レーシック手術を受けると、術後一時的にドライアイになるのはよくあること。実際に角膜を切断しているので、その影響が出るんですね。これもほとんどの人はならずに済むようですが、レーシックドライアイを1~2週間は強く感じる人もまれにいるようです。傷が治ってくれば涙の機能も自然に元に戻っていきますが、それまでの間は目薬などで補うことが必要なようです。時々、フラップ作成の際に角膜の神経を切ってしまって、長期的なレーシックドライアイに悩まされる人もいるようです。勿論その際もちゃんと神経は徐々に修復されていって、ドライアイを感じないようにはなっていくのですが、この場合は3ヶ月~半年ほど、時間がかかるようです。治るとはいえ眼科医選びは慎重に行いたいですよね。


AWS管理って何ですか?

クラウド管理などの運用代行サービス会社の口コミ、評判をご紹介!

サーバー管理、監視、保守などのサービスを低コストで受けれるところを教えてください。

ホースメン会議 競馬

ホームページ制作 名古屋